• HOME >
  • 冬の塗装はちょっと待った!!

冬の塗装はちょっと待った!

アクアプラスでは1月~3月中旬までの冬の期間、外部の塗装工事を自主的にすべてストップしております。
それには明確な理由が1つあります。

このHPをご覧いただいている皆様は、ほぼすべての塗料メーカーのカタログに気温5度以下湿度85%以上の場合は塗装を避けてください。という記載がされているのをご存知でしょうか?

また国土交通省公共建築工事標準仕様書にもきちんと記載がされています。

国土交通省公共建築工事標準仕様書

このように記入があるにもかかわらず、あまり知られていないのが現状です。

しかしなぜ気温5度以下湿度85%以上の場合、塗装を避けなければいけないのでしょうか?

それは、

  1. 水性塗料であれば気温が低くなるときちんとした乾燥がされず、凍ってしまうこともあるため、正しい塗膜の形成ができずに密着不良を起こしはがれの原因となります。
  2. 湿度85%以上の場合、塗料に雨や結露などの不純物が混ざることになり、白華や変色、塗膜の形成不良などを起こす原因となります。

このような2つの理由があるからです。

温度計写真

※施工現場には外部用温湿度計を設置

実際、油性の塗料であれば揮発性のため気温はさほど影響はないと言われており、業者の都合だけを考えれば冬に塗装をしたいというのは本音かもしれません。

しかし、それを良しとして施工をしてしまい、後々不具合が出たとしたら皆様どのように思うのでしょうか?

きっとお客様なら悲しむに違いない。私どもはそのように感じております。

そのためアクアプラスでは創業当初から1月~3月中旬までの期間は外部の塗装工事を全面ストップすると宣言させていただいております。

それでは私たちは冬の期間塗装をしない代わりにいったい何をしているのでしょうか?
アクアプラスだから安心5年点検保証

これから外壁塗装をご検討の方はこちらアクアプラスの特徴を知りたい方はこちら

外壁塗装をご検討中の皆様へ 外壁塗装をご検討中の方へ。外壁・屋根塗装の見積りを正確に出す大切さをお伝えします。

失敗しない色決め 塗装前に仕上がりのイメージを確認出来るカラーシュミレーション

あなたのお家をきれいに塗り替える7つの鍵

外壁塗装の施工事例 外壁サイディングの施工事例 屋根リフォームの施工事例
商品ラインナップ
ガイナの施工事例 スーパームキコートの施工事例 ファイン4Fセラミックの施工事例 ファインシリコンリフレッシュの施工事例 ハイドロテクトコートの施工事例
ほんとうに正しいご提案とは 坪単価とm2単価、実際どちらが正しいの? 外壁塗装の見積のカラクリをお話しします! 雨樋・破風などの付帯部をアクアプラスではこう考えます。

お問い合せ 無料見積もり依頼