TVでも注目!!夏涼しくて冬暖かい断熱&遮熱の省エネ塗料、ガイナ。

“ガイナ”は、宇宙開発技術を民間転用した画期的な塗料です!

【写真・資料提供】独立行政法人宇宙航空研究開発機構

高性能断熱塗材によって、H-2ロケットを守った
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を、
私たちの暮らしの中で活用可能にしたのがダイナ。

機能性環境改善塗材であるガイナは、
従来の常識を覆し、
断熱性の高い特殊セラミックを塗料化することに成功。
住まいに塗るだけで、断熱を可能にしたほか、
遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、
15に及ぶ機能を発揮する。

ロケット打ち上げ時の高熱から期待を守る

左図のオレンジの線で囲まれた部分が
先端部(フェアリング)。
JAXAは、H-2ロケットの開発に際して、
打ち上げ時の熱から機体および人工衛星を守るために、
ロケットの先端部(フェアリング)に
塗布する断熱技術を開発。

“ガイナ”は、「遮熱」と「断熱」を両立させたところがスゴイ!

これまでも「遮熱塗料」というものは、各メーカーからでていますが、
ガイナは「遮熱」と「断熱」の両方できちゃうところが優れものなんです。

遮熱

赤外線、ふく射熱を反射して熱を防ぐこと。
 
→夏場の暑さ対策としては効果があるのですが、
冬場の寒さ対策にはならないのです。

断熱

物質内で熱が移動する熱伝導を防ぐこと。
 
→夏は暑さを室内に伝えない。
冬は冷気を室内に伝えない。

“ガイナ”は、なぜ「遮熱」と「断熱」ができるのでしょうか?

ガイナには、遮熱・断熱性能に優れたセラミックが
10~20ミクロン中空セラミックビーズとして配合されています。
そのセラミックビーズは、外壁に塗る前はバラバラに浮遊しています。

しかしいったん外壁に塗ると、
乾燥しながらそれらのセラミックビーズが表面に集まり、
層を作って外壁をコーティングするようになるのです。
(※下図ご参照)

ガイナに配合されているセラミックは、セラミックの中でも熱を伝えにくい物質ですが、
層を作ることで、熱の移動を遮って断熱をしてくれるわけです。

さらにセラミックは熱エネルギーを遠赤外線に変化させる性質があります。
これにより夏は太陽熱をはね遮ることができます。
(遮熱効果、ですね!)

ガイナを建物の屋根、外壁に塗るだけで、
太陽光線から受ける影響の約95%を反射し、
夏涼しい究極の外断熱が完成します。
特に夏場高温になる屋根や西日の当たる壁面に塗ると
その効果を実感して頂けます。

反対に冬場は、ガイナを室内に塗った場合には、
冬の暖房による熱がガイナを
塗った壁や天井から遠赤外線として再放射されるため、
より暖かいお部屋となります。
またガイナは断熱効果もあります。

厚さ5cmの発泡スチロールよりも高い断熱性能を発揮します。
また内装仕上げ材にガイナを使用すると、
遠赤外線効果でさらに暖房効果がアップします。
ですので、弊社では、ヒートショック対策のために、
よく洗面脱衣所の内装に使用します。
断熱効果は、もちろん夏場も効果を発揮します。

開発メーカーが行った実験データによると、
ある工場で塗布前に冷暖房にかかった費用が1,726,315が塗布後は910,390円に激減。
なんとマイナス815,925円の削減効果があったとのことです。
断熱効果で2階天井の温度が15度低下して4台あった冷暖房機が1台になったため
大幅な費用削減効果があったのです。

ガイナの場合、遮熱・断熱の機能があるため、一年を通して効果を発揮します!!


これから外壁塗装をご検討の方はこちらアクアプラスの特徴を知りたい方はこちら

外壁塗装をご検討中の皆様へ 外壁塗装をご検討中の方へ。外壁・屋根塗装の見積りを正確に出す大切さをお伝えします。

失敗しない色決め 塗装前に仕上がりのイメージを確認出来るカラーシュミレーション

あなたのお家をきれいに塗り替える7つの鍵

外壁塗装の施工事例 外壁サイディングの施工事例 屋根リフォームの施工事例
商品ラインナップ
ガイナの施工事例 スーパームキコートの施工事例 ファイン4Fセラミックの施工事例 ファインシリコンリフレッシュの施工事例 ハイドロテクトコートの施工事例
ほんとうに正しいご提案とは 坪単価とm2単価、実際どちらが正しいの? 外壁塗装の見積のカラクリをお話しします! 雨樋・破風などの付帯部をアクアプラスではこう考えます。

お問い合せ 無料見積もり依頼